保育士のケイコです。

初めまして('◇')ゞ 東京都で保育士と働いて15年になるケイコといいます(^^♪

 

ケイコ

保育士の仕事って同僚の問題や親との問題などいろいろありますので、転職も今まで何度か繰り返してきました。あまりにも耐えられない職場もありますから…。

 

今はすごく恵まれている職場環境にいるので、楽しく働かせてもらっているんですけどね( ̄▽ ̄)

 

何度か転職して思うのが、やはり転職する際には次の職場選びを慎重にしなければいけないということです。適当に選んでいたのでは、またすぐに次の職場を探さないといけなくなりますからね。

 

この転職について自分自身の経験や同僚の経験などから、保育士の転職に関してはかなり詳しくなってきたので語らせていただきますねww

 

保育士専門の求人サイトを利用すべき

 

今は、インターネットが普及したことによって簡単に情報を収集することができるようになりましたが、今や求人情報についてもネットで情報を拾うことができるようになっています。

 

昔はハローワークに通って仕事を探していたのが一般的でしたが、ハローワークで提示されている情報についてもインターネットで知ることができるようになったので、わざわざ通って仕事を見つける手間も無くなりましたね。

 

ネットで求人探し

これから保育士の求人情報を集めて転職を考えている人にも求人情報サイトの利用をおすすめします。

 

いつでも空いた時間を使ってスマホやパソコンで情報を収集することができるようになっているので、仕事をしている人でも空いた時間を使って次の仕事を探すことができます(^_^)

 

また、保育士の専用求人サイトというのも開設されておりここではハローワークで取り扱っているような求人情報だけでなく、非公開にされている求人情報なども多く取り扱われているので今より少しでも条件が良いところで働きたいと思う人にもおすすめの職場になります。

 

特に東京では保育士不足の現状で、どこも保育士の求人を出している状態ですので、売り手市場ですのでこういう保育士専門の求人サイトというのができているのです。

 

情報を掲載する側は有料になっているのですが、探す側については完全無料で利用することができるサイトがほとんどで、これは掲載する側が支払うお金によってサイトの運営が実現していることが理由になります。

 

保育士専用の求人サイトも同様ですが、人手不足が深刻なところも多いので専用サイトも多く開設されており仕事を探す場合は一つのサイトだけでなく複数のサイトを利用して見くらべることもおすすめします。

 

すぐに働きたいところが見つからない場合は無理して仕事を決めてしまうのではなく派遣登録をして空いた時間を使って働いて、同時に転職活動を進めて行く方法もあります。

 

ちなみに最近の情報サイトは単に仕事の募集情報を探すことができることだけでなく、さまざまなサポートを受けることができるようになっているところも増えており、その代表的なサービスになっているので転職エージェントと呼ばれるサービスです。

 

これは転職支援の専門家が仲介として入ってくれるもので、自分の適性に合わせた仕事を紹介してくれるので転職をした後もすぐに仕事を辞めるというリスクを低減することができることや困ったことがある場合は相談することができるなどのメリットもあります。

 

便利に利用することで転職をスムーズにすることができるサイトはたくさんあるので積極的に活用して自分が望む転職が実現できるように心がけましょう。

 

そこで、東京で転職する場合におすすめできる保育士求人サイトをいくつかピックアップしました(p_-)

 

おすすめの保育士求人サイト

 

 

転職エージェントは活用するべき

 

保育士の求人情報を探してこれから転職を進めて行く場合に利用したいサービスに転職エージェントがありますが、保育士の求人情報サイトと同様にサイトの利用については無料で可能になっています。

 

無料で利用することができるのは転職エージェントに登録している会社などがサイト側に広告費用を支払っているからですが、求人情報を収集することができるのはもちろんのこと他にも充実した転職支援を受けることができます。

 

代表的なサービスになるのがコンサルタントのサービスですが、転職支援のプロであるコンサルタントが自分の特性を相対的に判断してくれて自分にあった仕事を紹介してもらうことができるのも特徴です。

 

これまでに何度か転職を繰り返している人の中には自分の適性を自分で間違っていることによって失敗する転職を繰り返しているケースが多く、コンサルタントに紹介してもらった仕事に応募して仕事が決まった後からはピタッと転職が無くなるケースもあります。

 

分からないことがあればいつでも担当のコンサルタントが相談に乗ってくれるので安心ですが、初めての転職の場合でも履歴書や職務経歴書の書き方から面接の受け方まで詳細にサポートしてもらうことができます。

 

ちなみに転職エージェントを利用する場合はスカウト制度というサービスを活用することが可能で、これは事前にweb履歴書や職務経歴書に必要な情報を登録しておいてそれを見た会社側がスカウトをしてくれるというものです。

 

自分から保育士求人を探して応募するよりも仕事が決まる可能性が高いというのも魅力で在職中からでも利用することができるので仕事をしながら自動的に転職活動を進めて行くことができます。

 

転職エージェントのサービスを展開している会社はいろいろあるので自分にあっているサービスを利用するのがポイントになりますが、インターネットでも口コミなどから評判を知ることができるのであらかじめ調べておくとよいかもしれません。

 

転職エージェントに限らず転職支援に関するサービスは積極的に活用するのがおすすめで、後悔ない転職をすることができるように心がけることや自分の適性を相対的に知ることも大切なことだと言えます。

 

勤務形態や待遇

 

保育士求人をインターネットの求人サイトなどを使ってチェックしてみると人手が足りてないところは多くあることに気付くと思いますが、自治体によっては深刻な人手不足に陥っているところもあり、子供を預けたくても預けることができないことによって仕事復帰ができないままでいる親もいます。

 

そのため、それぞれの自治体は積極的に保育士求人を出して足りてないところに人を補充しようと躍起になっているわけですが、人手を求めていても特に給料や待遇が良いというわけではなく基本的な給料などについては自治体が決めておりかなり安い給料のところもあります。

 

勤務形態については一般的な保育所であれば朝から夕方ころまでになりますが、最近は夜遅くまで預けることができる保育所を増やしていることも関係して夜遅くまでの勤務が必要になるところも多く交代制のシフトで体制をとっているところもあります。

 

保育士求人を探している人の中には自分自身が子育ての最中であるという人もいるかもしれませんが、そのような人にとっては夜遅くまでの勤務が難しいことも考えられるので日勤の勤務だけで可能なところを探して働くということも必要になってきます。

 

待遇については基本給に年二回の昇給になっているところが大半ですが、民間の保育所になってくるとそこの保育所が設定している給料や待遇になってくるので平均的な給料や待遇と異なってくる可能性があるので注意が必要です。

 

どう異なるかについては良いように異なるケースもあれば、悪いように異なるケースもあるので一概には言えませんが、民間の場合は独自のルールなどが設定されていることも多いので実際に働いて見ないと働きやすさについては分からない部分もあります。

 

転職をすることを目的として保育士求人を探している人もいると思いますが、転職をすることでこれまでとは違った環境で働くことができるようになるメリットがある一方で転職を繰り返すことによって次の転職が上手くいかないなどのデメリットもあります。

 

また、転職をするということはそこから新しく人付き合いを作っていく必要が出てくるので人とのコミュニケーションが苦手な人は環境に慣れるまでに時間がかかるということも覚えておきましょう。

 

せっかく転職をするのであれば自分が納得できる形での転職をしたいものですが、そのためには事前にしっかりと転職エージェントなどから情報を収集しておくことが成功させる上での秘訣になるということを覚えておきましょう。