幼稚園と保育園の違い

子供を預けることができる場所として一般的に幼稚園と保育園がありますが、幼稚園は3〜4歳から入園することが可能で小学校に入学するまで通園して、保育所の場合は0歳から小学校に入学するまで通所することができます。

 

また、預ける時間についても違いが大きく幼稚園の場合はだいたいが9時頃から預かりをして14時くらいがお迎えの時間になっていることが多いのですが、保育所の場合は7時頃から預かって夜は遅い時間まで預かってくれるところもあります。

 

幼稚園は教育をベースとしているところになるので学校の一種と捉えることができますが、一方の保育園は預ける場所であるため教育がベースになっておらず、幼稚園と保育園ではそれぞれでカリキュラムやプログラムが異なります。

 

また、それぞれの場所で働いている人の所有している資格というのも異なっており幼稚園で働くためには幼稚園の教員免許が必要であり、保育園で働く場合は保育士の資格が必要です。

 

保育園から幼稚園に転職をしようとする場合は保育士の資格を持っているだけでは不可で、新たに教員免許を取得しなければなりませんが、保育所であれば保育士の資格を取得していることで転職は自由に行うことができます。

 

どちらで働く場合も相手が子供になるので子供と上手にコミュニケーションを取ることができる人であれば向いている仕事と言えますが、子供が苦手という人や上手にコミュニケーションを取ることができない人には不向きな仕事でもあります。

 

保育園は仕事をしている親にとって大事な場所で子供を預けることができないことには仕事をすることもできないわけですが、現代の日本が抱える問題としてもピックアップされることが多く預けて働くことができないことで困っている親はたくさんいます。

 

保育士の求人情報からも人手不足感というのはかなり伝わってくると思いますが、転職をするためには保育士の資格を取得することが前提となるのですぐに他分野から転職することができないのも人手不足が解消しない理由になります。

 

保育士の求人情報についてはネットでも調べることができるようになっていますが、ハローワークを利用しても仕事を紹介してもらうことができるので自分にあった方法で仕事を探していくとよいでしょう。

 

また、保育士として働く場合は子供が相手になるものの子供の親とのコミュニケーションも図る必要があるので子供だけでなく大人とのコミュニケーション能力も必要です。