児童養護施設の保育士求人

児童養護施設というのは保護者が病気になった場合や経済的な理由、他にも虐待や事件などによって一緒に暮らすことができなくなった子供を預かる施設のことで条件をクリアすることで乳児から20歳までの人が入所して生活することができます。

 

また、2歳までの場合は児童養護施設ではなく乳児院に入ることになりますが、ここでも保育士の求人があるように保育士の働き先の一つになっており、保育士の役割としては子供たちの生活や自立の支援を促すのが基本になります。

 

内容としては食事や排泄、入浴などですが、入浴に関しては保育園ではない部分であり、他にも生活をする上で必要なルールをしっかりと教えて集団行動に溶け込むことができるようにすることやハウスキーピングなども職務になります。

 

一般的な保育所との違いは児童養護施設に入所している子供たちはそこがホームでもあるため、24時間体制になるということで夜勤の勤務が必要となる可能性もあるので保育士求人を探す場合に夜勤が可能かどうかということを考えた上で求人を探す必要もあります。

 

施設保育士として働くことのメリットとして子供たちの成長を身近に感じることができることで、長い間働くことになるとかなりの時間を一緒に共有することになるので実際の親子のような関係にまで関係が深まるようなこともあります。

 

通常であれば保護者との連携を図って情報交換などをするのも仕事になるのですが、児童養護施設の場合は自分自身が保護者としての役割も担うことになります。

 

働く上で大変と感じる部分で多いのは子どもの人生を大きく左右することに自分がなるかもしれないことで社会生活を送る上で最低限のことは児童養護施設の中で教えることになるため、それを吸収して子供が社会に旅立った場合に通用するのかという不安もあります。

 

また、看護師や児童指導員と言ったさまざまな立場にある人と連携を図って職務を果たす必要があるのでコミュニケーションを取る難しさというのもあります。

 

養護施設で保育士として働きたい場合は求人を探す必要がありますが、保育士専用の求人サイトなども最近では多く開設されるようになっているのでこれを利用して仕事を探すとよいでしょう。

 

働く上での条件についてはそれぞれの施設によって違っていますが、少しでも条件がいいところを希望するのであれば一つの求人媒体に頼るのではなく転職エージェントやハローワークなども活用することをおすすめします。